年々増えてきているうつ病患者|症状をチェックしよう

うつ病を放置すると

悩む人

自覚症状の判断が難しい

日本人は、働き者が多く頑張りすぎる傾向があります。そのため、息抜きをするところが分からず無理をしてしまいがちです。「他の人は、もっと頑張っているのに自分はどうして出来ないのか。」うつ病患者の方は自分を責めながら、日常生活を送っている方もいるでしょう。うつ病になってしまった時は、特に自分の無力さに落ち込んでしまうものです。精神の病は、自覚症状がありながらも放置してしまいがちです。それは、性格の問題や考え方の問題で片づけられてしまいがちなことが多いからです。同じ職場の同僚が、チェック能力や集中力が無くミスが続いた場合、あなたはどのように感じるでしょうか。それが性格の問題と片付けるのか、うつ病が原因なのかは判断のしにくいところです。自分がうつ病と分からず、無理して働いている方も周りにいるかもしれません。もしくは、あなたもうつ病にかかっている可能性もあるかもしれません。自覚症状の判断までに時間がかかってしまう、うつ病を放置するとどうなってしまうのでしょうか。ここでチェックしていきましょう。

放置してしまった結果

現在日本では、受診したうつ病患者が100万人以上います。しかし医師にかかっていない、隠れうつ病の方が日本には1000万人以上いると言われています。自覚症状がある、ないにかかわらず無理して働いている方がたくさんいることが分かります。うつ病を放置していると、日常生活が困難になります。日によって、元気な時や落ち込んでいる時もあるかもしれませんが、心の状態や体調が不安定なため、計画していた予定をこなすのが難しくなってしまうこともあるでしょう。そのため、約束を守れないことが多くなり信頼関係がなくなってしまうこともあります。また、周囲の方も、暗くてネガティブな人とずっといると嫌に感じてしまうかもしれません。うつ病を放置していると、チェック能力が欠けてしまい仕事にも支障をきたしてしまうことも多くなります。今まであなたが頑張ってきた仕事の評価を下げられてしまうこともあるでしょう。うつ病を放置することは、周囲との関係・仕事の評価・日常生活への支障と影響が現れてくるのです。最後は、自殺を選択してしまうなど最悪の結果になる恐れもあります。うつ病の早期発見には、常に自分の心の状態と向き合っていくことが大切です。そのため、予防していくには日頃から自分の心の状態をチェックしていくと良いでしょう。

Go to Top