年々増えてきているうつ病患者|症状をチェックしよう

家族のサポートが大切

ドクター

家族がうつ病になったときは、周りのサポートが重要となります。しかし、家族の方もどのように接していけばよいのか戸惑うことも多くなってきます。うつ病になってしまった時のサポートの仕方についてチェックしていきましょう。大切な家族がうつ病にかかってしまった時は、十分に休める環境を作ってあげることが大切です。身近な家族が症状をチェックし、しっかりサポートしてあげることで、うつ病の回復も早くなっていきます。まず取り組むことは、理解をしてあげるということです。うつ病は、外見では判断が難しい病気であるため、周囲の理解を得にくいことがあります。心の病には身近な人が理解してあげるようにしましょう。そして、うつ病にかかった方は、常に不安定な状態でいることが多いため、周りの家族は冷静に対応するようにしましょう。変に気を遣うことがないよう、いつもと変わらない会話を楽しんでください。うつ病患者の方と話しをする際には、言動に注意することも大切です。会話をする時間を取りしっかり話を聞いてあげるようにしましょう。ネガティブな発言が増えることが多くなってきますが、否定などせず話をしっかり聞いてあげることも重要です。本人の発言をしっかりチェックしておき、日々どのような心の状態でいるのかもみておくといいでしょう。また、うつ病患者の方に言ってはいけない言葉があります。それは「がんばって」の言葉です。うつ病になる方は、真面目な方が多く、たくさん頑張ってきている方が多いです。そのため、この言葉にはプレッシャーを感じることもあります。「ゆっくり治していこうね」などの言葉をかけ、本人を安心させることが大切です。うつ病患者への対応は、家族も戸惑うこともあると思いますが、本人とゆっくり治していくことが大切です。困った時は、うつ病のケアサービスをしている施設やコミュニティーをチェックして、周りと情報共有をしてみると心の負担も軽くなりますよ。

Go to Top