年々増えてきているうつ病患者|症状をチェックしよう

うつ病の最新治療

カウンセリング

昔に比べると、うつ病の治療方法も増えてきています。最新のうつ病治療もあるので、治療の選択肢もどんどん増えてきています。カウンセリングや、いろんな治療法を取り入れていきながら、ゆっくりうつ病を治していきましょう。うつ病の治療で大事なことは、自分に合ったカウンセラーにチェックしてもらうことです。人に悩みや話を聞いてもらうことで、うつ病の原因を探っていくことができます。しかし、このカウンセリングは不十分であれば適切な治療を受けられず、うつ病の治療が長引いてしまうこともあります。そのためカウンセリング力のある先生を見つけることが大切です。うつ病の治療では、カウンセリングの他にも効果的な最新の治療法があるのでチェックしていきましょう。「光トポグラフィー検査」この検査は、頭に光を当て前頭葉や側頭葉の血の流れの増加についてみていきます。当てている間に、言葉や質問をして血流量の変化をチェックしていきます。うつ病にかかっていない方は血流量が速めに上昇していくのですが、うつ病にかかっている方は上昇の傾向がみられない、またはゆるやかに上昇していくなどの違いがみられていきます。光トポグラフィーの検査は約15分で終わり、患者のうつ病の種類を一致させることができるので、今後のうつ病治療に期待が持てる方法です。そして「磁気刺激治療法」と呼ばれるうつ病治療は、脳に電気刺激を与え、脳の活動を回復させていく治療法です。この治療法を行なうことで脳の血流が増えていき、うつ病の改善につながるといわれています。この方法は、まだ日本でも最新の治療となっているため、保険の適用外となっています。しかし、うつ病の治療に期待ができると注目されているので、扱っている病院をチェックしてみてください。

Go to Top