年々増えてきているうつ病患者|症状をチェックしよう

うつ病の種類

看護師

うつ病は症状によって種類があります。代表的に言われているうつ病の症状は「大うつ病」と言われています。この症状は、ストレスが主に原因となって気分の落ち込み、生きることへの欲もなくなっていきます。こころの病気だけではなく、睡眠不足や食欲不振などの体への影響も出てきます。一般的に認知のあるうつ病の症状はこの大うつ病です。しかし、他にもうつ病の種類があるのでチェックしていきましょう。うつ病のタイプは先ほどの「大うつ病」に加えて、「双極性うつ病」「気分変調性障害」「非定型うつ病」などがあります。「双極性うつ病」は、以前は違う名前で躁うつ症という風に呼ばれていることもありました。この病気の症状は、二つの感情が交互に現れます。うつ病と感じられないほど元気で活動的でいたのに、急に落ち込んだり引きこもったりなどの極端な状態が現れます。うつ病にかかっていない方でも、落ち込む日や、そうでない日があるので、双極性うつ病は見分けがつきにくいところがあります。そのため、発見が遅れることや、知らずに生活している方も多くいると言われています。そして「気分変調性障害」は常に、自分を責めたり物事をネガティブに捉えたりすることが多くなります。「自分の思っていることを言うと嫌われるのではないか」「自分は何をやっても駄目」「自分が我慢すればいい」「自分のせいで、人生がうまくいかない」など、すべての責任を自分のせいにし、不安な状態が続いています。常にこのような考え方をしている方は注意が必要です。気分変調性障害の人は、個人の性格と思われがちなので、治療が難しい病気です。そのため、病院選びも慎重にチェックしていかなければいけません。ネガティブに考えがちな方は、周りに相談し、話を聞いてもらうことも大切です。次に「非低型うつ病」についてチェックしていきましょう。この病気は若い女性に多いと言われている病気です。大うつ病と異なる点は、好きなことや興味のあることには意欲的に取りくむことが出来ることです。しかし、急に落ち込むことややる気をなくすことも多くなります。集中力に欠けイライラすることが多くなります。このような症状は夕方以降に現れることが多く、非定型うつ病は、独特な症状がたくさんあります。身体的に起きる症状は、十分な睡眠を取っているはずなのに、睡眠が足りず10時間眠ってしまうなどの症状も出てきます。非定型うつ病の方は規則正しい生活を心がけ、体を動かすようにすることをおすすめします。このようにうつ病のタイプはさまざまな種類があります。自分がどのタイプに当てはまっているのかチェックし適切な治療を受けるようにしましょう。

Go to Top